莢激眼筝腆肴

膩榊篌腓上∽腓(吟鐚с
糸悟泣若榊茵c障

Top 本の検索 ニュース 会社情報 書店様 お問合せ
そうぶんしゃ公式ブログ

「霊峰、伊吹山を歩く」

著者:江竜喜信 著

伊吹山にまつわる説話、実話を辿る。 古代より人々が崇した伊吹山は今日も悠然と構えている   伊吹山には数多の石仏が祀られている。 山懐の「天狗の石仏」は滝崖の険しい岩場にあった。 忿怒の形相ではないが釣りあがった眼光は何を見ているのだろうか。