莢激眼筝腆肴

膩榊篌腓上∽腓(吟鐚с
糸悟泣若榊茵c障

Top 本の検索 ニュース 会社情報 書店様 お問合せ
そうぶんしゃ公式ブログ

「託孤の契り」

著者:高橋銀次郎 著

徳川を救った武田の女たちーー果たして「歴史の皮肉」か「天の配剤」か 第一部 運命に弄ばれた、織田信長の嫡男信重と武田信玄の娘松の悲恋。 第二部 信玄の娘たち、見性院、信松院に育てられた二代将軍秀忠の庶子・幸松は成長して保科正之となり、徳川幕府初期最大の危機を乗り越える。 秀忠は息子・幸松の行く末を見性院に託し、家光は息子家綱の将来を保科正之に託した。 時代は、人が想いを託すことで繋がっていく。あなたは今、誰に託しますか