莢激眼筝腆肴

膩榊篌腓上∽腓(吟鐚с
糸悟泣若榊茵c障

Top 本の検索 ニュース 会社情報 書店様 お問合せ
そうぶんしゃ公式ブログ

「山中鹿之助ー歴史新発掘ー川中島合戦の落し子の生涯」

著者:依田武勝 著

初めて姿を現した若き日の鹿之助。信濃源氏一千年の歩みは? 武田・尼子・毛利・信長秀吉家康をめぐる戦国末期の裏面史。 ●弱き民衆を助け、悪しき横暴を切る日本武士道、戦国武士の鑑と謳われた鹿之助。生地は東信濃 清和源氏義光の血流。祖父は信玄の師と讃えられた相木市兵衛依田昌朝。父は昌朝次男の相木信房(幸雄)。母は女性三傑の一人、更科姫。「われに七難八苦を与え給え」と三ヶ月に祈った哲人武将の志は? ●カバー画 葛飾北斎「鹿之助上月城将捕えるの図」