買い物カゴの中を確認する

総合出版会社叢文社(そうぶんしゃ)です。
電子書籍、サポート出版も行っています。

Top 本の検索 ニュース 会社情報 書店様 お問合せ
そうぶんしゃ公式ブログ

「剣豪の城 北畠具教」

著者:深水聡之

塚原卜伝・上泉信綱の高弟。 将軍義輝と「竜虎」と呼ばれた具教(とものり)の守る南伊勢の大河内城に、天下布武を目ざす信長の七万の大軍が押し寄せる。 攻防五ヶ月。 信長は遂に糧道絶ちを仕掛けてくる。 誇りに生きヨ、斬り死にこそ本望…と怒号する具教。 「二十倍の大敵、勝算なし、降伏して部下の命を救え」と、父の怒りの木刀の前に立ちふさがる具房。 無気味に迫る九鬼水軍。 智略戦しかできない己を恥じて暴走する藤吉郎―。 和睦の使者の訪れに開城を決断した剣豪具教は、その前日、数騎で城門を開き敵中に突入。 修羅となって斬ってまわる―。