買い物カゴの中を確認する

総合出版会社叢文社(そうぶんしゃ)です。
電子書籍、サポート出版も行っています。

Top 本の検索 ニュース 会社情報 書店様 お問合せ
そうぶんしゃ公式ブログ

「アメノヒボコと後裔たち」

著者:鳥海ヤエ子 著

第1章 児島高徳実在論(児島高徳抹殺論の実際 高徳の実在の証明 児島高徳略伝) 第2章 アメノヒボコと後裔の研究(神武は実在、東征は史実 ヒミコの出自―徐福の血流か 古墳にみる天日槍とその後裔 『古事記』と『日本書紀』のヒボコの関係記録 ほか) 特別寄稿 致命的根本誤説に立脚の史家に問う(伊藤太文) 「児島高徳非在説」を徹底論破。 高徳の周辺から古代・中世の歴史の謎に迫る。 アメノヒボコは倭のタバナ国に生まれ新羅四代王に着任した「脱解王」の血流か。 タジマモリ、タジマヒタカはヒボコの四代の後裔ではなく男(むすこ)。 神功皇后はタジマヒタカの子孫。 系図改ざんの背景は?神功皇后新羅渡海の真相は?応神生誕の真相は?なぜ闇に秘められたか?飛騨の「たたる墓」の仁徳実兄「額田大中彦」の白骨が語るものは?封印された日本誕生史のキーポイントにメス。